TOEIC1390点を目指す理系出身元エンジニアの研究成果を公開します

TOEIC L&R 915点。全国通訳案内士(英語)です。英語勉強のノウハウやヒントをたくさん公開します。

(お知らせ) TOEICがタダで1回体験出来るそうです

みなさんこんにちは。グレイターです。

 

昨日、TOEIC mail 編集部 と言うTOEICメールマガジンから、
以下の様なお知らせが届きました。

 

<6月28日#TOEIC公式みんなで模擬受験>
TOEIC Listening & Reading公式問題が期間限定無料公開
https://iibc.me/mailex_s_14

 

リンク先をのぞいてみたら、以下の様な記載がありました。
タダらしい。やった…笑。

 

>#TOEIC 公式みんなで模擬受験とは
>TOEIC L&Rの受験が体験できる動画をYouTube上に公開して、
>公式問題や公式スピーカーによるリスニング音声で、
>公開テスト受験を体験していただける企画です。
>試験終了後には、英語講師による学習アドバイス動画を公開。
>どなたでもご参加いただける無料企画です。

 

6月22日に問題用紙と解答用紙をダウンロード出来るサイトがオープンするそう。

(↑今はまだリンクがクリック出来ない状態でした)
開催日時は 2020年6月28日(日) 12:55~15:00予定。


受験後、学習アドバイス動画で、解答一覧・参考スコアも公開するそうな。
詳細はリンク先をご確認ください。

https://iibc.me/mailex_s_14

 

Score Certificateは出ないけど、無料で1回体験出来るなら、やってみる価値はありそう。
リーディングセクションの練習素材も手に入りますし
皆さんも良かったら、やってみてはいかがでしょうか ?


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

(リスニング)英語での電話番号の聞き取り/(スピーキング)電話番号の読み方

みなさんこんにちは。グレーターです。

今日は英語での電話番号の聞き取りについて、書いてみたいと思います。

 

<Contents>---
■ どんな時に必要?
■ 練習の仕方
■ 電話上で再確認する
TOEIC L&Rでは
-------------

 

■ どんな時に必要?

昨今はEメールやLINE・メッセンジャーの様なメッセージングアプリがありますので、
英語で電話番号の聞き取りをする機会も少なくなりましたが、

 

一方で、問い合わせ電話をかけた先で、

うちじゃ分からない。連絡先教えるから、そっちで聞いて

あるいは、

ここは担当の部署じゃない。その担当は、この電話番号

なんて言われる事が起こると、電話番号の聞き取り/書き取りが必要になる事があります。

 

例えば、「060-555-7890」と言う電話番号の場合、
ゼロシックスゼロ、ファイヴファイヴファイヴ、セブンエイトナインゼロ

 

040-333-3456」なら、
ゼロフォーゼロ、スリースリースリー、スリーフォーファイブシックス
なんて言う英語の数字が、電話の向こうから聞こえてきます。

 

ハイフンの箇所(日本語で句点の箇所)で一息おいて区切って、

英数字が聞こえて来る訳ですね。

 

■ 練習の仕方

英語の練習用音声が入ったCDがあったり、
誰か英語の先生がランダムに電話番号を言ってくれれば良いのですが、
なかなかそうも行かないですよね。

 

1つの練習方法としては、
自分のスマホや携帯電話の電話帖を開いて、
登録された電話番号を、1件1件、
上記の様に英語で読み上げて行く。
そんな事で、かなり慣れる事が出来ます。

 

電話帖には100件以上登録があると思いますので、
1日10本ずつ程度、数日間やれば、
読み上げもスムーズになり、慣れる事が出来るでしょう。

 

■ 電話上で再確認する

電話での聞き取り・書き取りに自信が無ければ、
番号を聞き終わった後に、

 

Let me confirm again.

  ゼロシックスゼロ、ファイヴファイヴファイヴ、セブンエイトナインゼロ。
  Is this OK ?
Is this correct ? )」

 

等と再確認すれば、万全でしょう。

 

TOEIC L&Rでは

Part4の本文読み上げの中で、時々ですが、
本文の最後の方に、電話番号が含まれていることがあります。
が、僕の今までの経験では、
その電話番号が設問の対象になった事は、1度もありません…笑。

 

ただし、電話番号を真面目に聞いていたら、
本文の他の情報を忘れてしまった、なんて事はあるかもしれませんので、
本文読み上げの最後で英語で数字の羅列が聞こえて来たら、
「ああ、電話番号言っているのね」位に聞き流しておけば良いでしょう

 

ふだんから生活の中でやっていたり、
きちんと練習した事は、聞き流すことも出来ますが、
何も練習していない事は、本番で突然は出来ませんので、

 

電話番号の聞き取りも、
番号を読み上げる練習を通して、慣れておいた方が良いと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

海外で意外と使われる数 ~ 3桁数字とcentのお話

みなさんこんにちは。グレイターです。

少々間があいてしまいましたが、今日はもう少し数字の続きを書こうと思います。

 

<Contents>---
■ 3桁の数字なんて使うの ? → いえいえ、最重要です
■ お金の英語 ~ セントについて
-------------

 

■ 3桁の数字なんて使うの ? → いえいえ、最重要です

数回前に、「まずは頭の体操に、3桁の数字から始めてみましょう
と書きましたが、

 

みなさんは、英語圏の日常生活で、3桁の数字なんて使うと思いますか ?
感覚としてどうでしょう ?

 


……


………

 

言われてみないとピンと来ない事ですが、
日常生活では、特に3桁の数字は良く使います
特にお金の支払いで。

 

日本の場合、お金の最小単位が1円からなので、
支払いは1円以上の整数値になります。
(株式取引時の様な、10銭等の1円以下の数字を除く)

 

ですが、アメリカやオーストラリアの場合、
1ドルが70円や100円程度なので、
日常生活での買い物の支払いが、2桁から3桁の数字になります。

 

例えば、日本円で5,000円の買い物をした場合、
アメリカなら45ドルくらいです。

 

最近発売されたiPhoneSEなら、399ドルです。
日本円だと44,800円ですが、アメリカだと3桁数字です。

 

ドルで4桁数字になると、
1,000米ドル=約107,000円となりますので、

 

日常的な買い物、
日本で言えば、数千円から数万円の買い物と言うのは、
アメリカやオーストラリアでは、2桁から3桁の金額になる訳です。

 

だから、3桁の数字は、良く練習しておいた方が良いんですよ。

 

■ お金の英語 ~ セントについて

一方で、細かい金額については、セント(cent)を使います。
1ドル=100セントです。

 

日々の買い物のお支払いでは、
19ドル60セントとか、
25ドル20セントとか、

 

あるいは、チョコレート1枚が、1ドル20セントとか、

 

そう言う金額でお会計をするので、
知っておいた方が良いでしょう。

 

若干短いですが、切りが良いので今日はここまで。

海外生活豆知識ですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

(リスニング)ここは聞き逃しちゃダメ 3 (数量2 - 大きな数字)

みなさんこんにちは。グレイターです。

 

前回に引き続き、今日も数字について書いていきます。

 

今日は特に、大きな数字を扱います。
数字の扱いに自信が無い方は是非読んで、
例題や練習問題もやってみて下さい。

 

<Contents>---
■ 4桁の数字/5桁の数字
■ さらに大きな桁の数字
-------------

 

■ 4桁の数字/5桁の数字
桁が大きくなると、音を聞いてもだんだん頭の中がついていけなくなって来ます。
本当に自分が大きな数字を英語で読めるかも確認しましょう。

 

例題>
次の数字を英語で読んで下さい。

(1)   1,279
(2)   1,461
(3)   1,964
(4)   4,739
(5) 11,357
(6) 13,579

 


……


………


…………


……………

 

では正解です。

 

(1)  1,279 →  one thousand two hundred seventy-nine 
(2)  1,461 →  one thousand four hundred sixty-one
(3)  1,964 →  one thousand nine hundred sixty-four
(4)  4,739 →  four thousand seven hundred thirty-nine
(5)11,357 →  eleven thousand three hundred fifty-seven
(6)13,579 →  thirteen thousand five hundred seventy-nine

 

読み方のポイントは、
英語で千はthousandですが、
英語では万に相当する単語がありません。
英語で1万は、ten thousand千が10個、と数える訳ですね。

 

で、英語で数字を読むときは、3桁毎に区切って読みます。
ちょうど " , " (カンマ)のところで区切って読む訳です。

 

なので、4桁の数字までは、千と百を使うのでそれなりに読めますが、
5桁の数字は読み方が難しくなります。

 

例えば、11,357は、千が11個と357、つまり、
eleven thousand three hundred fifty-seven

 

13,579は、千が13個と579、つまり、
thirteen thousand five hundred seventy-nine

と読む訳です。

 

この、「英語では万に相当する単語が無い」ために、
経験が無いと、5桁以上の大きな数字では必ず混乱します。


■ さらに大きな桁の数字

では、以下の数字はどうでしょうか ?

簡単に答えられますか ?

 

例題>
次の数字を英語で読んで下さい。

(1) 10万
(2) 100万
(3) 1億
(4) 10億
(5) 1,000億

 


……


………


…………


……………

 

では正解です。

 

(1) 10万 → one hundred thousand
(2) 100万 → one million
(3) 1億 → one hundred million
(4) 10億 → one billion
(5) 1,000億 → one hundred billion

です。

 

10万は、数字で書くと100,000ですから、
「千が100個」で、one hundred thousandですが、

100万は、one millionです。


ミリオン???と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、
日本でも、100万枚売れたCDの事を、「ミリオンセラー」って言いますね。
言われてみれば、みんな良く知っている単語です。

 

じゃ「億」は? と言うと、
英語では億に相当する単語がありません。


1億は百万の100倍ですから、one hundred million、

10億になると、英単語 "billion" があるので、それを使用。
1,000億は、10億の100倍で、one hundred billionになります。

 

個人資産を10億以上持っている人達の事を、「ビリオネア」と言ったりしますよね。
かなりの大金持ちです。
米ドル単位でビリオネアと言った場合、
日本円に換算すると、1,000億円以上の個人資産を持っている人達なので、
世界的にもそんなにたくさんいる訳ではありません。
それ位の大金持ちですね。

 

分かりやすくするために解説を書きましたが、
ビジネスやTOEICのテストでは、
数字を聞いて、こんな事を頭の中で考えている暇はまったくありませんので、
それぞれ覚えてしまう事が必要です。

特に、10万、100万、10億は良く覚えておいた方が良いと思います。

 

最後に、練習問題をやってみましょう。

 

練習問題>
次の英語を数字に直して下さい。

 

(1) fourteen thousand three hundred eleven
(2) sixty thousand twenty-seven
(3) one hundred sixty thousand
(4) two hundred eighty-five thousand
(5) three million one hundred eleven thousand
(6) seven million seven thousand
(7) ten billion

 


……


………


…………


……………

 

解答は以下です。

 

(1) fourteen thousand three hundred eleven
   → 14,311
(2) sixty thousand twenty-seven
   → 60,027
(3) one hundred sixty thousand
   → 160,000
(4) two hundred eighty-five thousand
   → 285,000
(5) three million one hundred eleven thousand
   → 3,111,000
(6) seven million seven thousand
   → 7,007,000
(7) ten billion
   → 100億

 

いかがでしょうか?


ここまで大きな桁の数字になると、
今まで1度も考えたこともなかったと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

特にビジネスの経営数字を扱う場合、

かなり大きな桁の数字も出て来ますので、
この様な大きな桁の数字も慣れておいた方が良いと思います。

 

最後までお読みいただき、有り難うございました。
それでは。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

ブログの始め方 ~ 超初心者目線で書きますと

みなさんこんにちは。グレイターです。

 

今日はまた少々、脱線話。

 

ブログをはじめてしばらくになりまして、細かいところまで、だんだんと理解が進んで来ました。
なので今日は、どうやったらブログを始められるかを、超初心者目線で書いてみたいと思います。

 

単に文章を書いてみたいとか、

副業でお小遣いかせぎをしたいとか、

どんな理由かは人それぞれですが、

とにかくブログを始めたいんです


僕もそうだったので、もしかしたらこれからこのページに来る読者の方にも、そういう方がいるかもしれない。


そう考えたので書いてみます。

少しでも参考になれば幸いです。

 

<Contents>---
■ 悩み続けた疑問点
■ 始め方
■ 誰かがブログにまとめています
■ 本当に大雑把なんですが
-------------

 

■ 悩み続けた疑問点
実は自分自身、かなり前からブログをやってみたいと思っていたのですが、
初めてなのでどうしてよいか分からない事が多く、ずっと始められずにいました。

 

当時の僕の悩みは、簡単にまとめると、以下の様なものでした。

 

・どのブログが良いのか分からない。Ameba ? はてな ?
アフィリエイトが出来ないブログがあるって聞いたんだけど…
レンタルサーバーって必要なの ? どれくらい費用かかるの ?
独自ドメイン ? SEOに強いって聞いたけど… 要るの ?
・WORD PRESS ? 何それ ? 難しいらしいんだけど…
アフィリエイトってどうやれば始められるの ?

 

それぞれについてネットでいろいろ記事を読み漁ってみたのですが、


なんとなくは分かっても、やっぱりすっきり分からない。


で、ずっと始められずにいました。

 

■ 始め方

結論から手短に書くと、以下の一言に尽きます。

 

Amebaでもはてなでも、

好きなところでまずブログ始めてみて、

やりながら細かいところを調べたり、

考えれば良いんじゃない ?」

 

もう少し詳しく書くと、以下の様になります。

 

・どのブログが良いのか分からない。Ameba ? はてな ?
アフィリエイトが出来ないブログがあるって聞いたんだけど…

アフィリエイトがしたい人は、アフィリエイトが出来るブログかは始める前に確認した方が良いけど、それ以外は、好きなブログを選んで始めてみては ?


自分が良く読むブログがあったら、そこを選んで始めても良いかもね。
「芸能人だったらAmebaが多いかも」、みたいな。


それぞれのブログ毎に、

記事の編集画面が使いやすいとか、
毎月upload出来る写真容量の制限とか、

細かい事がいろいろあるみたいだけど、


そう言うのはやってみないと分からないので、
まず始めてみて、やりながら細かいところを調べた方が良いみたい。

 

レンタルサーバーって必要なの ? どれくらい費用かかるの ?
独自ドメイン ? SEOに強いって聞いたけど… 要るの ?

本格的にやらない限り、要らないよー。
試しにはてなで無料で始めてみては ?
独自ドメインが必要なら、はてなPROに移行すれば使えるみたいね。

 

心配しなくても、最初からそんなにすぐにアクセスは集まらないよー。

もちろん最初は、大容量も必要ないし。
必要になったら考えてみては ?

 

・WORD PRESS ? 何それ ? 難しいらしいんだけど…

無くても始められるし、無しでもかなりいろいろ出来るよ。
最初からは要らないのでは ?


なお、


アフィリエイトってどうやれば始められるの ?

 

については、また別途投稿したいと思いますが、一言だけ書くと、

 

Amazonを使うか楽天を使うか他のところなのか、
どこを使うかによって、必要な事がちがうみたい

 

です。

 

■ 誰かがブログにまとめています

いざ始めてみて分からなくなると、
その度に多少調べる必要はありますが、

 

はてなBlogを使った限り感じるのは、

ヘルプは充実していますし、
たいていのお困り事は、他の先人の方々が、
困った事と解決策を記事にまとめてくれています。


困った事のキーワードでインターネット検索すれば、
たいてい何件か記事はヒットしますし、

 

それらを数個読めば、多くの事は解決します。

 

やってみないと分からない事はたくさんありますので、
始める前にあれこれ悩むより、

まず始めてしまった方が楽かと思います。

 

■ 本当に大雑把なんですが

 

「細かい情報がほとんどない」
「雑な記事だなー」

 

と言われてしまいそうですが、


昔、誰かがこんな風に教えてくれれば、
もっと楽に始められたのにな…

 

と思い、細かい事を抜きにして、あえて大雑把に書きました。

 

詳しく調べれば調べるほど、

必要以上に詳しくなりすぎて、
逆にブログが難しく見えてしまうので、


多くの事を知って頭がこんがらがるより、
こういう風に説明された方が良いかも。

 

そう思い、かなりざっくりと書いてみました。

少しでも参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

(リスニング)ここは聞き逃しちゃダメ 2 (数量1)

みなさんこんにちは。グレイターです。

 

今日はリスニングのお話の続き。
ここは聞き逃しちゃダメ、と言う箇所についてのお話です。

 

数量についても、聞き逃してはダメです。

 

<Contents>---

■ ビジネスシーンでの数量

■ 日常生活での数量

■ 数字も練習不足

■ 頭の体操に、3桁の数字を

■ リスニングの場合、問題なのは

----------------

 

■ ビジネスシーンでの数量
ビジネスシーンで、
例えば、会議の議題が、会社の今期の売り上げ数値のお話だったとします。

 

ここで、数字の部分を聞き取れなければ、会議に出席している意味がほとんどなくなってしまいます。

 

ビジネスでは、売り上げ数値や、商品の価格は非常に重要な情報なので、会議や電話でのやり取りで最も重要な情報は、えてして数字だったりします。

 

■ 日常生活での数量
一方、日常生活でも、数字情報は非常に重要です。


スーパーに買い物に行けば、レジで、お会計はいくらになります、と言われて、
必要な金額を支払わなければいけないですよね。

 

だから、数字の聞き取りは、非常に重要な訳です。
お買い物に行けなくなってしまいますもんね。


(もっとも、たいていレジでは金額が表示されるので、それを見れば良いかもしれませんが…笑)

■ 数字も練習不足

多くの場合、日本人は、数字も練習不足だと思います。

 

前回お話しした曜日や時間の場合、
使われる単語は、たいてい毎回同じですが、

 

数字の場合、毎回使う数字が変わります。

 

日本でも買い物に行けば、お会計の金額は、


例えばある日は1,134円、ある日は3,218円、またある日は5,378円だったりと、

 

毎日数字が変わります。

 

ですので、どの数字にも対応出来る必要があるのですが、
学校では、あまり大きい数字までは勉強していないと思います。

 

■ 頭の体操に、3桁の数字を

数字はたくさんの種類がありますので、

まずは頭の体操に、3桁の数字から始めてみましょう。

 

<例題>
以下の数字を英語で読んでください。

 

118
246
350
365
415
634
777
868
999

 


……


………


…………


……………

 

<解答>
では解答です。
それぞれ、

 

118 → one hundred eighteen
246 → two hundred forty-six
350 → three hundred fifty
365 → three hundred sixty-five
415 → four hundred fifteen
634 → six hundred thirty-four
777 → seven hundred seventy-seven
868 → eight hundred sixty-eight
999 → nine hundred ninety-nine

 

です。

 

いかがですか?

 

「簡単だったよ !!!」

 

と言うのなら頼もしいのですが、

 

「そう言えば、英語で数字なんて、100までしか数えた覚えがない。
そこから先は、数個しか数えてないかな…」

 

なんて方も、いらっしゃるかも。

 

そうすると、上記の様な3桁の数字は、意外と難しいかもしれませんね。

 

■ リスニングの場合、問題なのは

さらに別の問題があります。

 

上記の例題は、数字を読んでください、と言うものですが、
実際の英会話の場合、やる事が逆で、
英語で数字を聞いて、頭の中で瞬時に数字に直す必要があります。

 

one hundred eighteen  →  118
three hundred sixty-five  →  365
six hundred thirty-four  →  634

 

と言う具合ですね。

なので、別の問題でやってみましょう。

 

<例題>
以下の英語を数字に直してください。

 

one hundred eleven
two hundred eighty-four
three hundred nineteen
four hundred twenty-five
five hundred seventy-nine
six hundred forty-five
seven hundred eighty-two
eight hundred eight
nine hundred fourteen

 


……


………


…………


……………

 

 

<解答>

では、解答です。

それぞれ


one hundred eleven  →  111
two hundred eighty-four  →  284
three hundred nineteen  →  319
four hundred twenty-five  →  425
five hundred seventy-nine  →  579
six hundred forty-five  →  645
seven hundred eighty-two  →  782
eight hundred eight  →  808
nine hundred fourteen  →  914

 

いかがですか?
スムーズに出来ましたか?

 

英語を聞いて数字に直せる様になるには、
まずは、数字を英語で読める様にする必要があります。
そこから始めて、慣れてくれば、徐々に逆の、
英語から数字に直すのも出来る様になるでしょう。

 

もし自信が無いな、と言う方は、
3桁の数字をご自身で、いくつか適当に書き出してみて、
それを英語で読む練習をしてみると良いと思います。

 

次回以降ももう少し、色々な種類の数字を扱ってみたいと思います。
数字の扱いが出来ると、海外生活が結構楽になると思いますよ。
(日常生活は数字であふれているので)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは。

 

お願い)
記事を読んで、「役に立った」と言う方は、1個でも星印をつけていただけると、とてもうれしいです。
宜しくお願いします。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

(リスニング)ここは聞き逃しちゃダメ 1 (日時/曜日)

みなさんこんにちは。グレイターです。

 

今日は引き続き、リスニングのお話を書きます。

リスニングでは、すべての単語を聞き取れなくても話は分かる、と前回書いたのですが、

一方で、ここは聞き逃しちゃダメ、と言う典型的なところが、いくつかあります。
TOEICでも、ふだんのビジネスでも。

 

今日は1つめ。
日時と曜日は、絶対に聞き逃しちゃダメ。

 

と言う事について書きます。

 

そんなのぜんぜん心配ないよ、と言う上級者の方は良いのですが、

何のことか分からないと思われたら、是非読んでみてください。

 

<Contents>---
■ビジネスだったら、まずいですよね
■良くある話の流れ
■あまり練習していないと
■例えば曜日だったら
■瞬時に理解して、覚えておく必要がある
■経験値を上げておこう
-------------

 

■ビジネスだったら、まずいですよね

例えば、ビジネスの場面で考えてみましょう。

 

会話の中で、

「次の会議いつにする ?」

こんな話になったら、最終的にいつになったかは、絶対聞き逃してはいけません

何故なら、聞き逃したら、その会議に出席出来ないので…(^o^;

 

あるいは、ある会社がお客さんとの電話のやり取りの中で、
「プリンタが壊れた」とか、「水漏れしている」から、
「修理に来てくれ」

と言われたとしましょう。

 

最終的に決まった日時を間違えて、お客さんのところに社員が訪問したら、

お客さんが「外出中で家にいない」か、

「用事があってお取り込み中」か、

「遅い!!!」

と怒られてしまいます。

 

テストならまだしも、
実際のビジネスだったら、まずいですよね。

 

■良くある話の流れ

TOEICの問題で良くあるのは、
例えば、会議のスケジュール調整の場面等で、

「俺、この日がいいんだけど」

と誰かが言うと、

「その日、私 OFF なのよ」

「その日の午前中、お客さんが来るんだよなぁ」

と、さんざん迷走して最終的にやっと

「じゃ、水曜日の午後で」

「金曜日の16時に」

とか、

「26日に」

等と、日時/曜日が決まったりします。

そうやって、受験者を混乱させる訳ですね。
 
■あまり練習をしていないと
「わかった。じゃ、日時/曜日を聞き逃さなきゃ良いんだな」

それはそうなんですが、問題があります。

「絶対に聞き逃すな」

と言われても、あまり練習をしていないと、次の様になってしまいます

 

■例えば曜日だったら

以下の様な経験がある人はいませんか ?

 

TOEICの試験中に、
"Wednesday"と言われて、

「ええと、何曜日だっけ ?」
「ああそうだ。水曜日」

とか、


"Friday"と言われて、

「ええとええと…、あっ、金曜日」

なんて考えていたら、

その後に言われた英語の内容が、すべて聞こえないで、飛んでしまった。

 

無ければいちばん良いのですが、初級者の方にはあるあるな話だと思います。

 

■瞬時に理解して、覚えておく必要がある
日本人ならたいてい、英語のテスト中にも英文の意味は日本語で考えるものです。

が、特に日時・曜日に関しては、「水曜日」・「金曜日」の様な訳語を考える暇はありません

考えていると、上記の様な事になってしまう訳です。

 

だからこそ、

"Wednesday" は「Wednesday」であり、「水曜日」ではない
"Friday" は「Friday」であり、「金曜日」ではない

と言う状態にしておくことが必要です。


つまり、

"Wednesday" は「Wednesday」、
"Friday" は「Firday」と、
いちいち日本語に訳さないで英語のまま扱うか、

 

”Wednesday" は「水曜日」、
”Friday" は「金曜日」と、
「瞬時に」理解して、

「設問を解き終えるまで覚えて」おく

必要がある訳です。

 

良く練習しておかないと、

テスト中一生懸命問題文を聞いた後、設問に答えるのに、

「話の流れはなんとなく分かったけど、答の部分"だけ"覚えてない」

「いや、確かになんか言ってたんだよ。聞こえたんだよ。

だけど、何曜日だったっけな…」

なんて事にもなりかねません。

 

■経験値を上げておこう
日時や曜日に関する設問は、Part3やPart4で良く出ます。
英語を扱った経験値や実力がそのまま出やすい問題なので、
「そんなところで差が出るんだ」と言う事を意識しつつ、
ある程度の数、問題演習とその復習をこなしておいた方が良いでしょう。

 

英語で「何日」「何時」「曜日」と言う類の単語は、
発音が難しいとか、聞き取れない類のものではありませんが、

 

テスト前に英単語だけ勉強して、問題演習はあまり手つかずだと、
こういうところでスコアを落としてしまう訳です。

 

逆に言えば、練習して慣れてしまえば、得点源に出来るところですね

この話が、勉強やビジネスのヒントになれば幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは。

 

(追伸)

企業間で英語でビジネスコミュニケーションをする場合、会議の日時などの重要な情報は、テレビ会議・電話会議等で、口頭で日程を連絡しても、

間違いを防ぐためには、その日程情報をe-mailでも連絡した方が安全です。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

プライバシーポリシー