TOEIC1390点を目指す理系出身元エンジニアの研究成果を公開します

TOEIC L&R 915点。全国通訳案内士(英語)です。英語勉強のノウハウやヒントをたくさん公開します。

(リスニング)ここは聞き逃しちゃダメ 3 (数量2 - 大きな数字)

みなさんこんにちは。グレイターです。

 

前回に引き続き、今日も数字について書いていきます。

 

今日は特に、大きな数字を扱います。
数字の扱いに自信が無い方は是非読んで、
例題や練習問題もやってみて下さい。

 

<Contents>---
■ 4桁の数字/5桁の数字
■ さらに大きな桁の数字
-------------

 

■ 4桁の数字/5桁の数字
桁が大きくなると、音を聞いてもだんだん頭の中がついていけなくなって来ます。
本当に自分が大きな数字を英語で読めるかも確認しましょう。

 

例題>
次の数字を英語で読んで下さい。

(1)   1,279
(2)   1,461
(3)   1,964
(4)   4,739
(5) 11,357
(6) 13,579

 


……


………


…………


……………

 

では正解です。

 

(1)  1,279 →  one thousand two hundred seventy-nine 
(2)  1,461 →  one thousand four hundred sixty-one
(3)  1,964 →  one thousand nine hundred sixty-four
(4)  4,739 →  four thousand seven hundred thirty-nine
(5)11,357 →  eleven thousand three hundred fifty-seven
(6)13,579 →  thirteen thousand five hundred seventy-nine

 

読み方のポイントは、
英語で千はthousandですが、
英語では万に相当する単語がありません。
英語で1万は、ten thousand千が10個、と数える訳ですね。

 

で、英語で数字を読むときは、3桁毎に区切って読みます。
ちょうど " , " (カンマ)のところで区切って読む訳です。

 

なので、4桁の数字までは、千と百を使うのでそれなりに読めますが、
5桁の数字は読み方が難しくなります。

 

例えば、11,357は、千が11個と357、つまり、
eleven thousand three hundred fifty-seven

 

13,579は、千が13個と579、つまり、
thirteen thousand five hundred seventy-nine

と読む訳です。

 

この、「英語では万に相当する単語が無い」ために、
経験が無いと、5桁以上の大きな数字では必ず混乱します。


■ さらに大きな桁の数字

では、以下の数字はどうでしょうか ?

簡単に答えられますか ?

 

例題>
次の数字を英語で読んで下さい。

(1) 10万
(2) 100万
(3) 1億
(4) 10億
(5) 1,000億

 


……


………


…………


……………

 

では正解です。

 

(1) 10万 → one hundred thousand
(2) 100万 → one million
(3) 1億 → one hundred million
(4) 10億 → one billion
(5) 1,000億 → one hundred billion

です。

 

10万は、数字で書くと100,000ですから、
「千が100個」で、one hundred thousandですが、

100万は、one millionです。


ミリオン???と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、
日本でも、100万枚売れたCDの事を、「ミリオンセラー」って言いますね。
言われてみれば、みんな良く知っている単語です。

 

じゃ「億」は? と言うと、
英語では億に相当する単語がありません。


1億は百万の100倍ですから、one hundred million、

10億になると、英単語 "billion" があるので、それを使用。
1,000億は、10億の100倍で、one hundred billionになります。

 

個人資産を10億以上持っている人達の事を、「ビリオネア」と言ったりしますよね。
かなりの大金持ちです。
米ドル単位でビリオネアと言った場合、
日本円に換算すると、1,000億円以上の個人資産を持っている人達なので、
世界的にもそんなにたくさんいる訳ではありません。
それ位の大金持ちですね。

 

分かりやすくするために解説を書きましたが、
ビジネスやTOEICのテストでは、
数字を聞いて、こんな事を頭の中で考えている暇はまったくありませんので、
それぞれ覚えてしまう事が必要です。

特に、10万、100万、10億は良く覚えておいた方が良いと思います。

 

最後に、練習問題をやってみましょう。

 

練習問題>
次の英語を数字に直して下さい。

 

(1) fourteen thousand three hundred eleven
(2) sixty thousand twenty-seven
(3) one hundred sixty thousand
(4) two hundred eighty-five thousand
(5) three million one hundred eleven thousand
(6) seven million seven thousand
(7) ten billion

 


……


………


…………


……………

 

解答は以下です。

 

(1) fourteen thousand three hundred eleven
   → 14,311
(2) sixty thousand twenty-seven
   → 60,027
(3) one hundred sixty thousand
   → 160,000
(4) two hundred eighty-five thousand
   → 285,000
(5) three million one hundred eleven thousand
   → 3,111,000
(6) seven million seven thousand
   → 7,007,000
(7) ten billion
   → 100億

 

いかがでしょうか?


ここまで大きな桁の数字になると、
今まで1度も考えたこともなかったと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

特にビジネスの経営数字を扱う場合、

かなり大きな桁の数字も出て来ますので、
この様な大きな桁の数字も慣れておいた方が良いと思います。

 

最後までお読みいただき、有り難うございました。
それでは。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

プライバシーポリシー